ライフマスター(人生の達人)への道

「早起き習慣 × タスク管理術 × 人助けマインド」で人生の夢の実現をサポートします。

【たすくま日記】11日目 Todoistからの連携をしてみたけど挫折

f:id:hayaokiyoshi:20180530181659p:plain

こんにちわ。はやおきよし(@hayaokiyoshi)です。

 

昨日は、理想のスケジュールを考えてみました。

 

lifemaster.hateblo.jp

 

 

今日はTodoistとたすくまの連携を調べます。
一番の願いは、できるだけ簡単にたすくまにタスク登録をすることです。

私がいま使っているTo DoリストのアプリはTodoistです。

なので、Todoistに登録されたタスクを、できるだけカンタンにたすくまに登録できる方法を考えてみます。

 

Googleカレンダーとの同期によって

たすくまとTodoistの連携は、GoogleカレンダーiPhoneの標準カレンダーアプリをつうじて行います。

具体的には、以下の流れになります。

  • Todoistでタスクを登録すると、自動的にGoogleカレンダーに読み込まれて登録される
  • Googleカレンダーに登録された予定は、自動的にiphone標準のカレンダーに読み込まれる
  • たすくまで、その日の予定について「作成」をタップして読み込むと、iPhone標準のカレンダーの予定も読み込まれる

ということで、最後のたすくまの作業を除いて、ほぼ自動的にTodoistのタスクがたすくまに登録されることになります。

 

最後の一手間も、いずれにしてもリピートタスクを読み込むために必要な作業ですので、まったく苦になりません。

 


たった一つの課題

重要な課題は、たった一つです。
Todoistに登録したタスクをGoogleカレンダーに適切に登録されるようにすること。

というのは

  • タスクが生じたとき、紙のメモに書くか、Todoistに登録することにしている
  • Todoistの場合、案件名だけを書くことが多い(それ以上はこの時点ではしたくない)
  • 時間を設定する習慣はない
  • かろうじて、後から日付を設定して緊急度を理解している
  • 1-2分で終わるこまかなタスクをたすくまに登録すると、かえってめんどくさい

つまり、Todoistのタスクは、何らかの手を加えないと、Googleカレンダーにうまく読み込めないのです。

 

手動で日時を設定することに

では、どうしたらよいか、考えてみました。

  • タスクが生じたとき、紙のメモ、あるいはTodoistのinboxに件名だけ登録する。これは変わらず。
  • 雑務の時間になったら、紙のメモ、あるいはTodoistのinboxにあるタスクで、早急にすべきもの、簡単に済むものから処理する
  • その際、大きなタスクには時間(*注)と日付を設定し、日付設定済プロジェクトに登録する一日の終りに、紙のメモにあるタスクをTodoistのinboxに転記して登録する
  • Todoistのinboxにあるタスクについて、すべて時間(*注)と日付を設定し、日付設定済プロジェクトにする
  • TodoistからGoogleカレンダーに対する同期は、日付設定済プロジェクトについてのみ行う

*注 時間の設定について

時間の設定についてですが、時間設定のないものは、終日予定として登録するか、同期しないか、のいずれかになります。
なので、とりあえず時間を設定するのが得策です。
たすくまの朝の3時に、Googleカレンダーから読み込んだタスクがまとまるようにします。
日付は分かるけれども、時間まではわからないタスクは、3時からのタスクとして設定します。

 

一応、ここまでが私が頭で考えたプランです。

 


これはめんどうくさい!

実際に設定して試してみました。

 

機能としては、Todoistの日付設定済プロジェクトにあるタスクが、Googleカレンダーに同期されています。
Googleカレンダーのタスクをたすくまに読み込めることも確認済みです。

 

問題は、ひと手間かけるのが、そうとうめんどうくさい、ということです。
どうしたもんだろうか。

 

あと、本当にささいなことなのですが、Todoistに登録された新規のタスクが、一番下に表示されてしまうのが困ります。

登録された新規のリストについて、編集することが多いので、一番上に表示されていてほしいのです。

 

結論から言うと、ここまで考えたやり方は、ボツです。

もう少し、違う方法を試してみます。

 

Googleカレンダーと同期できる、他のアプリを探してみようかな。