ライフマスター(人生の達人)への道

「早起き習慣 × タスク管理術 × 人助けマインド」で人生の夢の実現をサポートします。毎週火曜日と金曜日に更新。

早寝を習慣にするためには具体的な取り組みが必要

かき氷は、いちご練乳が好きです。
はやおきよし(@hayaokiyoshi)です。

f:id:hayaokiyoshi:20180820164613j:plain

本気で早寝をしようと思ったら、それなりの取り組みが必要です。

今日は、まずおおまかに取り組みのステップを解説します。

明日からは、具体的な方法を紹介します。

  • 早く寝ようと決意するだけではダメ
  • 早寝を実現するための具体的なステップ
続きを読む

帰宅後にSNSを使わないだけで、こんなにメリットがあるなんて

今週は、毎日、昼寝してます。
はやおきよし(@hayaokiyoshi)です。

f:id:hayaokiyoshi:20180817165615j:plain

昨日は、出先で記事を更新しました。
夜にテレビを見ない、という話です。

 

lifemaster.hateblo.jp

 

今日は、帰宅後にSNSを使わないメリットを紹介します。

  • 1. 時間を生み出すことができる
  • 2. 家族との会話が増える
  • 3. 睡眠の質を高める
続きを読む

60分の時間を作り出す(たぶん)一番手っ取り早い方法

あまり時間がないので、簡単に。

 

早起き習慣は、結局どうやって一時間早く寝るのか、という問題に行き着きます。

 

その一番手っ取り早い方法は、テレビをリアルタイムで見るのをやめることです。

 

えーっ、そんなの不便、面白くない、と思うでしょうか。

ちょっと考えてみれば、そうでもありませんよ。

 

夜見ているテレビってどんなものがあるでしょう。

 

たとえば、ニュース。

ネットのニュースサイト、文字ベースの方がより詳しい情報を、すばやく正確に把握することができます。 

 

たとえば、音楽番組。

録画してお目当てのところだけ見たら、時間短縮ですね。

 

たとえば、バラエティ番組。

本当に見たくて見てますか?

それなら、週末にまとめて見たらどうでしょうか?

 

たとえばドラマ。

録画して見ましょう。

それだけで前週からのふりかえり、コマーシャルなどを飛ばせます。

7割ぐらいの時間になるはずです。
しかも、1.5倍速ぐらいで見ると、60分ドラマが30分弱になります。 

 

そしてスポーツ。

これはけっこう厄介です。

途中から見る。

ほぼ結果がわかったら見るのをやめる。

といった対応ができます。

 

 

見たいテレビは見てもいいんです。

ただ、時短を意識してみれば、そこでけっこう時間を生み出せます。

 

 

あなたが心がけている、夜の時短のコツ、あれば教えてください。

 

早起き習慣で朝に質の高い時間を確保できる5つの理由

休みで外出すると昼寝ができず困ります。
はやおきよし(@hayaokiyoshi)です。

f:id:hayaokiyoshi:20180815150449j:plain

 

一昨日、早起きを習慣にすることで得られる時間数の話をしました。

 

 

でも、こんな声が聞こえてきそうです。
「時間は量ではなく、質のほうが問題だ」

確かにそのとおりです。
質の悪い時間をいくら確保しても、意味がありません。

今日の記事では、早起き習慣によって、質も確保できることを紹介します。

  • 時間数よりも質を確保したい
  • 早起き習慣で質が確保できる理由
    • 1. わざわざ作り出した時間だから
    • 2. 朝一番でフレッシュな時間だから
    • 3. 前夜から準備されていた時間だから
    • 4. 邪魔されない自分だけの時間だから
    • 5. 終わりの決まっている時間だから
  • まとめ
続きを読む

五時コージさんのインタビューから、早起きのメリットをピックアップしてみた

休みのほうが、気分良く目が覚めます。
はやおきよし(@hayaokiyoshi)です。

f:id:hayaokiyoshi:20180814095839j:plain

ひとつのインタビューが話題です。
インタビューされているのは、『5時こーじ』さん。
朝活コミュニティ「朝渋」の代表をしている方です。

早起きのメリットが紹介されています。
みなさんに読んでほしいインタビューです。

この記事で紹介されている早起きのメリットを紹介します。

  • 早起きの3つのメリット
    • ひとつめは、やりたいことがはっきりすること
    • ふたつめは自分の軸が生まれること
    • みっつめは、成功体験となり、自信がつくこと
  • その他にもまだまだあるメリットの数々
続きを読む

早起き習慣が生み出す時間はどれくらい?

夏休み、仕事なみに時間割をつくりました。
はやおきよし(@hayaokiyoshi)です。

「時間がない」という問題は、早起きで解決できます。
そう聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか。

f:id:hayaokiyoshi:20180813090301j:plain

まだ暗いうちに起き出して、すぐにバリバリ活動し始める。
仕事に行く前に、すっかり充実した取り組みを2-3時間終えている。
前夜が遅くても、次の朝にはいつも元気いっぱい。

そんな魔法みたいなイメージがありませんか。
でも、実際には、早起きの習慣はもっと地味なものです。

この記事では、単発の早起きと習慣の早起きを区別します。
その上で、早起きが生み出すことのできる時間数をお知らせします。

  • 単発の早起きで作れる時間
  • 早起き習慣で作れる時間
  • 早起き習慣が生み出す時間はどれくらい?
  • まとめ
続きを読む

ツイッターで早起き仲間を見つけるなら、#早起きチャレンジ

家族サービス、がんばります。
はやおきよし(@hayaokiyoshi)です。

f:id:hayaokiyoshi:20180810111831j:plain

早起きを習慣にするためには、仲間を見つけることが大切です。

 

 

Twitterハッシュタグ#早起きチャレンジを利用する方法を紹介します。 
たぶん、一番手軽な方法です。

  • Twitter#早起きちゃれんじとは?
  • Twitter#早起きチャレンジのメリット
  • Twitter#早起きチャレンジのデメリット
続きを読む